FC2ブログ

英国のEU離脱は先送り、NY金の三角保ち合い決着も先送り

英国のEU離脱は先送り、NY金の三角保ち合い決着も先送り
17日に英国とEUとの間で合意に達した英EU離脱協定は、EUサイドではその日のうちに英国を除くEU加盟27カ国による首脳会議を開催し、全会一致で承認。
残るは英国サイドでの議会承認待ちという状況となり、これには反対派が優勢で否決の可能性のほうがやや高いとも見られていました。
結果的には、採決を保留する修正動議が可決したことにより、19日までに決着がつかない場合にはEUに対して離脱期限の延期申請を義務付ける新法に従う必要があり、またも「先送り」ということになりそうです。

可決されれば、7月1日安値を起点としてゆるやかに下値を切り上げてきたサポートラインと、6年5カ月ぶり高値となった9月4日高値1566.2ドルを起点とする右肩下がりのレジスタンスラインとで形成する三角保ち合いを週明けに下方ブレイクすることが予想されていました。
しかし問題先送りにより、保ち合いブレイクも先送り。

これで焦点は月末のFOMCへ。
現時点では「予防的措置」としての3会合連続の追加利下げが優勢。これが月末に向けて追加利下げ観測後退へと傾斜していくようなら、NY金の調整局面がやや拡大する可能性もありそうです。

追加利下げなら7月以降のゆるやかな上昇トレンド継続へ、年末に向けてさらに利下げ継続が見込まれそうなら三角保ち合いを上方ブレイクして高値圏再トライへ。
逆に、今月末に利下げ見送りなら下降チャネル継続へ。
5月安値から9月高値までの38.2%戻しとなる1450ドル近辺までが目安にもなりやすく、利下げ打ち止め観測が台頭するようなら11月にかけては1400ドル台前半へ、50%戻しとなる1410ドル台まで下値を切り下げることも想定されそうです。

スポンサーリンク


米中部分合意で売り圧力も、NY金は三角保ち合い下限で反発(10/13)
三角保ち合いで臨む10月FOMC、NY金の攻防ラインは1500ドル(10/6)
景気先行き不透明感から金融政策先行き不透明感へ(9/22)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR