FC2ブログ

米中部分合意で売り圧力も、NY金は三角保ち合い下限で反発

米中部分合意で売り圧力も、NY金は三角保ち合い下限で反発
米中閣僚級での貿易協議で部分合意となった週末。その期待感の高まりからも週半ばからはリスク選好の株高の流れが強まり始め、安全資産の金には売り圧力。
今回は期待を裏切られることなく、15日の対中関税引き上げも見送られ、週末にNY金は1500ドルを割れて一段安。

しかし、雲の下限と20日移動平均-2.5%乖離ライン、そして7月1日安値を起点に下値を切り上げるサポートラインも重なる1470ドル半ばの水準は強めのサポートとなったようです。
期待感先行によるリスク選好の流れが事実確認で一服、という状態にもなり、NY金は三角保ち合いを維持する形にもなりました。
と同時に9月4日高値を起点に右肩下がりのライン、三角保ち合い上限ラインを超えない限りは下降チャネルも継続中。

10月末期限のブレグジットの動向なども意識しながら、月末までの米指標結果を踏まえて月末のFOMCでの追加利下げ有無と年末見通しによってNY金の方向感も最終判断へ、という展開にもなりそうです。
依然として10月末追加利下げ優勢の状況にはあるものの、これが大きく後退していくようなら三角保ち合い下限割れへ。追加利下げ確実の情勢となって年末には今年4回目の利下げ見通しへ、となれば三角保ち合い上方ブレイクへ。

前者なら、下降チャネル継続で10月末FOMCの結果確認後、11月にかけては5月以降の上昇幅の半値戻し、1410ドル台を目指す流れも想定されます。
後者の場合、5月以降の上昇トレンド延長戦となり、年末にかけて今年高値再更新トライへと向かう展開も想定できそうです。
いずれにしても、分岐点は10月末の1500ドル。これを維持できるかどうかが重要なポイントになりそうです。

スポンサーリンク


三角保ち合いで臨む10月FOMC、NY金の攻防ラインは1500ドル(10/6)
景気先行き不透明感から金融政策先行き不透明感へ(9/22)
FOMC前に1500ドル割れ、利下げ観測後退続けばNY金は1450ドルも(9/15)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR