FC2ブログ

荒れ狂うトランプ、金価格も押し上げられて高値保ち合い延長戦

荒れ狂うトランプ、金価格も押し上げられて高値保ち合い延長戦
この夏3度目のフラッグを形成し、下方ブレイクへと保ち合いが崩れ始めていた週末、ジャクソンホールの講演でパウエルFRB議長が9月利下げを示唆しないなど、タカ派寄りの姿勢を見せることになれば、高止まり状態のNY金価格もそれなりの調整局面形成で1500ドル割れへと向かう可能性もあった状態から・・・急反発。

そのパウエル議長講演を受けて荒れ狂うトランプ砲によって、株式市場は急落し、金価格は1500ドル割れを回避して1530ドル台へと押し上げられる展開となりました。
パウエル議長が明確には9月利下げを示唆しなかったことへの不満から、トランプ大統領は「相変わらずFRBは何もしていない!」と怒りをツィートし、「のんきに講演している場合か!」という調子で批判。さらに、米国の対中追加関税第4弾への報復関税を中国側が発表していたことへの不満もあり、「パウエル議長と習近平国家主席とどちらが敵かわからない」と威圧。

中国がこの日、米国からの750億ドル相当の輸入品に対する関税を5-10%上乗せすると発表していたことへの対抗措置として、トランプ大統領は第3弾までの2500億ドル相当の中国製品に対する関税を25%から30%へ引き上げ、第4弾としての3000億ドル相当への関税も10%から15%へと引き上げることを発表。

この週末の重要イベントとなるはずだったジャクソンホールでのパウエル議長講演は、大幅利下げも期待する株式市場や金市場にとってはやや肩透かし気味となり、しかし、それに対するトランプ大統領の暴言ツィートはもはやリスク材料。
米中貿易戦争激化と合わせ、株式市場にとってはマイナス材料としてのリスク回避の流れが一方的に、急速に強まることになったのに対し、金市場にとっては若干の期待ハズレ感を補って余りあるプラス材料としてのリスク回避の流れとなり、これがさらに9月の追加利下げの後押し材料にもつながる可能性もあり、金価格を高値保ち合い延長戦へと向かわせることに。

8月最終週に向けて、金価格は1500ドル割れへの可能性がやや後退、逆に高値保ち合いを上方ブレイクすることになればこれまでの予想通り、1560ドルから1580ドル台が意識されることになり、その確率が若干高まったかもしれません。

スポンサーリンク


フラッグ上抜けで急騰してきたNY金、この夏3度目のフラッグ(8/18)
低金利時代突入で1500ドル、NY金は1560ドルから1580ドルも?(8/11)
タカ派利下げにも米中リスク再燃で見えてきた?1480ドル(8/4)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR