FC2ブログ

低金利時代突入で1500ドル、NY金は1560ドルから1580ドルも?

低金利時代突入で1500ドル、NY金は1560ドルから1580ドルも?
米中対立に緩和の兆しは見られず、逆にトランプ大統領のFRB批判と緩和政策を強要するツィートは続き、年内追加利下げの市場織り込みも進行。
FRBの利下げと、追加利下げ見通しを背景に世界各国中銀の利下げも相次ぎ、世界同時緩和政策で低金利時代突入の勢いにも。

FOMC後の上値トライ目安、1480ドルへと向かう可能性も高まりそうと予想したのが1週間前、週明けには早くも1480ドル台の高値をつけ、1500ドル台へとさらに水準を切り上げる形となりました。
低金利時代には俄然、輝きを増すことになる金の買い圧力はとどまることなく、買われ過ぎ状態が続きます。
ある程度の調整局面が入ることも予想されますが、追加利下げ観測が強まる状態が続き、ドル安基調と長期金利の低下傾向が続けばさらに水準を切り上げる可能性も高まります。

5月末以降の急騰局面をN計算値で見直すと、
5月末から6月末までの上昇幅=1442.9-1267.3=175.6ドル
7月安値から最大175.6ドル上昇した場合=1384.7+175.6=1560.3ドル

次週、米消費者物価指数でも低インフレ継続となるか、NY・フィラデルフィア連銀の製造業景況指数、あるいは小売売上高などのいずれかが低調な結果となるなどすれば、あらためて追加利下げが正当化されることにもつながりやすく、現状の勢いの延長線上で1560ドル近辺まで上昇することもあり得るかもしれません。

さらに、長期下落幅の50%戻し=1484.6ドルを完全に超えてきたことで、次なる節目水準は61.8%戻し=1588.2ドル。
9月中旬の次回FOMCに向けて、FOMC投票権保有者の面々から、追加利下げに賛同する発言が複数聞かれるようになれば、あるいは9月FOMCでの追加利下げが決定し、さらに年末FF金利見通しで今年3回目の利下げが示唆されることになれば、1580ドル台も十分視野に入ってくることにもなりそうです。

スポンサーリンク


タカ派利下げにも米中リスク再燃で見えてきた?1480ドル(8/4)
FOMC後の上値トライ目安、1480ドル(7/28)
息切れ気味のNY金、現実的な上値トライ失敗かどうかはFOMC待ち(7/21)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR