FC2ブログ

1300ドルの攻防続くNY金、三角保ち合い下放れリスクは上昇

1300ドルの攻防続くNY金、三角保ち合い下放れリスクは上昇
米国の3月インフレ指標は相変わらずで加速の気配もなければ鈍化傾向が強まるわけでもなく、年内利下げへの思惑も強まることもなく据え置きが市場のメインシナリオとなる状況も継続。

3月後半からのドル高基調の流れは4月に入って一服状態となっているのに対し、米長期金利は3月末からの反発基調が続く状態。
NY金は1300ドルを挟んでの上下動が続き、その振幅幅を徐々に縮小し、三角保ち合い下放れへと向かうリスクが高まる状況にもなってきました。
NY金の振幅の中心線となりやすい20日移動平均線が水平状態へと移行してきたことで横ばい推移となり、上下2.5%乖離ラインには届かない状態も続きますが、今週は雲の上限に上値を押さえられて急反落。三角保ち合い上抜けに失敗し、雲の下限割れ
遅行線がロウソク足との揉み合いとなっていること以外は二役逆転、弱気相場入り目前の状態にもなってきました。

中国の景気底打ちを示す経済指標も目立ち始め、株高も続くリスクオン優勢の状況にもなり、ドル円の年初来高値更新もドル高をサポートする可能性、米長期金利の反発基調がさらに続くことになれば、NY金の売り圧力が高まることにもなりそうです。

11月安値から下値を切り上げてきたサポートライン、1月末安値からゆるやかに下値を切り上げてきたサポートライン、11月安値から2月高値までの38.2%戻しライン、これらが集中する1290ドル前後の水準を下抜けることになれば、一段安も余儀なくされそうな状況です。

横ばい推移のトレンドレス状態から下方向へのトレンド形成へと向かうことになれば、20日移動平均-2.5%乖離ラインを押し下げて、まずは61.8%戻しとなる1250ドル台辺りまでの下落は見込まれそうです。

次週、雲のねじれも発生することから、近日中にも急落へ、という展開も警戒されます。
そのいっぽうで米欧の通商摩擦も激化の方向にあり、米貿易統計などをきっかけに急反発へ、という可能性も無いわけではありませんが・・・。

スポンサーリンク


インフレ鈍化継続なら1330ドル方向へ、再加速なら1270ドルも(4/7)
世界景気減速懸念一服で急失速のNY金、三角保ち合いの様相にも(3/31)
ハト派加速のFOMCに逆イールド、金はいずれ高値更新トライへ(3/24)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR