FC2ブログ

インフレ鈍化継続なら1330ドル方向へ、再加速なら1270ドルも

インフレ鈍化継続なら1330ドル方向へ、再加速なら1270ドルも
米雇用統計は保ち合いブレイクのきっかけとはならず、1290ドル台での小幅保ち合い推移が続くNY金、次の材料としては米3月消費者物価指数。
インフレ鈍化で2月には前年比+1.5%まで低下していたCPI、3月には原油価格上昇を反映して+1.8%程度までの上昇が市場コンセンサス。
予想以上に鈍化傾向が続くようなら、利上げ打ち止めと利下げ観測が強まってNY金をサポート、逆に予想以上にインフレ再加速の兆しが強まればドル高となってNY金の売り材料に。

1300ドル付近で水平状態となってきた20日移動平均線が保ち合い上限にもなり、これを超えることになれば雲の上限との攻防へ。その勢いが強まれば1330ドル付近で推移する20日移動平均+2.5%乖離ラインを目指す流れとなる可能性も。

いっぽう、何度もトライしながらも完全には1290ドルを割れず、下値をサポートしてきた雲の下限は1290ドルから1300ドル方向へと上昇することに。
雲の下限にサポートされなくなれば三角保ち合い下方ブレイクの形にもなり、1270ドル付近で推移する20日移動平均-2.5%乖離ライン付近まではサポートラインが見当たりません。

さらにその勢いが強まった場合には、20日移動平均-2.5%乖離ラインを押し下げ、11月安値から2月高値までの61.8%戻しとなる1255ドル付近を目指す流れへと発展する可能性も。

しかし、賃金の伸びも3%超の高水準で伸び悩んだ3月のインフレ動向としては、想定より加速も減速もせず、強いて挙げればトランプ大統領のFRB牽制発言が多少の波乱要因も、NY金は保ち合い推移継続がメインシナリオかもしれません。

スポンサーリンク


世界景気減速懸念一服で急失速のNY金、三角保ち合いの様相にも(3/31)
ハト派加速のFOMCに逆イールド、金はいずれ高値更新トライへ(3/24)
下落トレンド脱出をかけた攻防で迎えるFOMC(3/17)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR