FC2ブログ

見えた1350ドルに急接近、NY金20MA+2.5%はまもなく1360ドルへ

見えた1350ドルに急接近、NY金20MA+2.5%はまもなく1360ドルへ
1週間前に見えたばかりの1350ドルにいきなり急接近。
ドル安の流れにもサポートされたNY金は3連休明けの急騰から、20日には一時10カ月ぶり高値となる1349.8ドルまで上昇。
1350ドルの節目へのワンタッチが惜しくも空振りに終わると、翌日には20ドルの急反落。
FOMC議事要旨では利上げ打ち止めではなく、あくまで様子見姿勢であることが示され、年後半に向けて1回程度の利上げを予想するFRB関係者の発言などもあり、若干の下押し圧力にもなった可能性もありそうです。
2月前半の小幅保ち合い推移を抜け出したこともあり、急騰からの急反落と荒い値動きとなったNY金。
今回の急変動でも20日移動平均線を起点に急騰局面を形成し、20日移動平均+2.5%ラインに上値を押さえられての反落、そして再び20日移動平均線付近でサポートされた形となっています。

1349.8ドルまで上昇した日の20日移動平均は1314.3ドル、2+2.5%は1347.2ドル。
週末時点での20日移動平均は1319.2ドル、+2.5%は1352.1ドル。
仮に価格水準が横ばい推移となった場合でも、1週間後の20日移動平均は1325ドル。+2.5%の水準は1358ドルまで上昇します。
その3日後には+2.5%ラインは1360ドルに到達することになります。

早ければ1週間後の3月1日には+2.5%ラインが1360ドル付近に到達することも想定されそうです。

米国の対中国関税引き上げ期限3月1日の延長がおそらく決まり、その先の米中協議の行方に対する不透明感がリスク要因として継続し、英国のEU離脱期限まで1カ月を切って合意なき離脱への警戒感が一段と高まってくるようなら、3月初旬にもNY金は1360ドルトライの可能性、も高まることになるかもしれません。

スポンサーリンク


見えてきた?NY金は1350ドルも(2/17)
20MAと+2.5%のレンジ継続のNY金、次週も1300-1330ドル(2/10)
FRBのハト派転換で急騰のNY金、20日MA+2.5%レンジ上限で失速(2/3)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR