FC2ブログ

反発基調腰折れか継続か、プラチナの分岐点

反発基調腰折れか継続か、プラチナの分岐点
NYプラチナは8月のトルコショックで15日には756.6ドル、16日には755.7ドルまで下落。9年10カ月ぶり安値を記録した後、8月末には810ドルまで上昇して反落すると、9月4日には765.4ドルまで下落。その後は上昇チャネルを形成しての上昇トレンドが10月半ばまで、1カ月半続いています。
そして現在、この上昇チャネルを維持できるか、サポートラインを割り込んで反発基調腰折れか、その分岐点にさしかかってきました。
8月安値と9月安値とでダブルボトム(もしくはトリプルボトム)を形成し、そのネックラインまでの値幅は最小で44.6ドル、最大で54.3ドル。
ネックラインを超えたことで予想される上昇幅は44.6ドルから54.3ドル。
10月15日には854.5ドルの高値をつけ、ネックラインからの値幅は44.5ドル。ダブルトップ完成後の最低ノルマは達成した状態です。

また、850ドル付近の水準は7月末高値圏にも相当し、抵抗水準となって三角保ち合いを形成しています。そしてこの三角保ち合い上抜けトライに失敗した形にもなっています。
さらに、9月末から10月半ばにかけての上昇局面で、RSIのピークは若干水準を切り下げる逆行状態となり、反落の可能性も示唆しています。

金の上昇一服後の横ばい推移、パラジウムも横ばいから失速状態へと推移し始めている状況からも、プラチナがこの先上昇チャネルを維持(できれば月末にかけてはチャネル上限付近なら870-80ドルも?)できる可能性よりは、いったん調整局面入りの可能性のほうが高そうにも見えます。

その場合、11月前半まで810ドル付近で推移する雲の上限付近でサポートされる可能性もありそうです。
なお、月末には雲のねじれも発生。
前回の雲のねじれは4月に発生し、下落基調の戻り局面から再び反落基調へと流れが反転していました。
その前は2月初旬、下落基調スタート後にいったん反発へと反転のタイミングとなっていました。

今回も反発基調スタート後の調整局面入りでも、米中間選挙直前の時期に発生する雲のねじれ付近で反転へ、というシナリオも有力かもしれません。

スポンサーリンク


世界同時株安で急騰のNY金、視界良好で一段高も?(10/14)
1200ドルの攻防続くNY金、10月の方向性は雲の中?(10/8)
二番底~中間選挙で反発!?第4四半期NY金のポジティブ・シナリオ(9/30)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR