リスク後退で金売り再開か、利上げペース維持で反発か

リスク後退で金売り再開か、利上げペース維持で反発か
貿易問題で強硬姿勢を譲らない米国とその他6カ国との溝が埋まらず、共同宣言採択に向けて調整難航中のG7。週明けまでには形式的な共同宣言か、異例の議長声明が出されることになりそうです。
いずれにしても貿易摩擦の問題は今後も続くことになり、米国の孤立化も危惧され、世界経済のマイナス要因としても警戒され続けることにもなりそうです。
しかし、週明けには米朝首脳会談。非核化を巡って簡単に話はまとまらないとしても、朝鮮半島情勢不安は、地政学リスクとしては後退方向へと大きく舵を切ることにはなりそうです。
リスク回避ムードが予想以上に強まるようなら、直後のFOMCにも影響を与えかねず、年内の利上げペース加速観測台頭にもつながりかねません。
さらに、その直後のECB理事会でのフォワードガイダンスや見通しがそれほどタカ派的とはならなかった場合、ドル高の流れが強まることになり、金にとっては売り圧力が強まります。

控え目に見た場合の下値の目安は、
5月31日高値1311.5ドルを起点に、5月11日高値から21日安値までの値幅45.1ドル下落すると1266.4ドル。

金売り材料が重なり、急落局面形成となった場合、
5月31日高値を起点に、4月高値から5月安値までの値幅88.2ドル下落したなら、1223.3ドル。

その一方で、直近の下値は切り上げつつあり、上昇チャネル形成の兆しも見られます。
FOMCが利上げペースを維持し、ECBが金融政策正常化を示唆した場合には、上昇チャネルに沿って上昇トレンド形成へと向かう可能性も十分想定されます。
この場合、夏場に向けて少なくとも1330ドル前後までは水準を切り上げることになりそうです。

スポンサーリンク


米朝首脳会談やっぱり開催、でNY金はもう一段の押し目形成も(6/3)
1300ドル台へと急反発のNY金、下落トレンド脱出をかけた攻防へ(5/27)
21週目のレンジブレイクでNY金急落(5/20)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR