FC2ブログ

米中貿易戦争リスクに不透明感、視界が開けたNY金は一段高へ

米中貿易戦争リスクに不透明感、視界が開けたNY金は一段高へ
FOMCでの年内追加利上げ見通しが従来どおり計3回にとどまり、ドル売り金買いの流れがスタートすると、米中貿易戦争への警戒感が強まり、株安ドル安の流れも加速し始めた週。トランプ米大統領の動向とともに市場の先行き不透明感も高まる状況となってきました。
軟調な流れが続いていたNY金は今回も利上げを決めたFOMCを境に流れが反転、週末には一目均衡表の雲の上限を大きく抜け出し、こちらは一気に視界が開けた格好です。
FOMC前後の底値では雲の下限と1300ドルの大台ラインを一時的には割り込むことも、との予想はトランプ大統領の貿易政策や側近人事などのおかげで否定された形となりました。

3月1日安値1303.6ドルと20日安値1306.6ドルでダブルボトムを形成し、そのネックラインとなる3月7日高値1342ドルも超えてきました。
1342.0-1306.6=35.4
1342+35.4=1377.4
当面の上値目標水準としては1370ドル台が意識されることになります。

しかし、その手前1365ドルの水準は1月と2月に2度上値を押さえられた水準でもあり、今回もいったんは跳ね返される可能性もありそうです。
そうなった場合にはトリプルトップの可能性を残すことにもなりますが、現状は2月8日と3月1日、20日安値1300ドル台でトリプルボトムの可能性を示す状態にもなっています。

3月のダブルボトムからの反発基調で1370ドル台へと水準を切り上げることができたなら、トリプルボトム完成でさらなる上値トライへの可能性も出てきます。
1364.4-1309=55.4
1364.4+55.4=1419.8
米中貿易戦争がエスカレートして市場のリスク回避の流れも続き、トリプルボトム完成なら、NY金は2013年9月以来の1400ドル台が見えて来そうです。

スポンサーリンク


FOMC前後につけるNY金の底値、今回は1280ドルか1250ドルも(3/18)
下げ止まるべくして下げ止まったプラチナ、3月は950ドルの攻防(3/11)
レンジ推移続くNY金は3月FOMC後に1400ドル?か1250ドルへ(3/4)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR