FC2ブログ

FOMC前後につけるNY金の底値、今回は1280ドルか1250ドルも

FOMC前後につけるNY金の底値、今回は1280ドルか1250ドルも
今回の米FRBの利上げフェーズでは、利上げ決定のFOMC前後にNY金は底値をつけて反発し、その水準も切り上げてきました。
前回利上げをした12月安値は1238.3ドル。少なくとも今回までは、このパターンが維持される可能性は高そうです。
2月16日に1364.4ドルの高値をつけて反落したNY金は3月1日安値1303.6ドルまで、60.8ドル下落した後は3月7日高値1342.0ドルまで反発しました。
その後再び軟調推移となって現在1310ドル付近、今後3月1日安値を下回ることになればN計算値より、1342-60.8=1281.2ドル。
1301.9ドルで水平状態が続く雲の下限でサポートされない限りは、今回のFOMC前後の底値は1280ドル程度となりそうです。

しかし、FOMCで利上げペース加速の思惑が想定以上に強まるようなら、一時的にはもう少し下押し圧力が強まることも想定されます。
1月高値と2月高値で構成されるダブルトップからネックラインまでの値幅は55.4ドル。1309ドルを再び完全に下抜けた場合、ダブルトップ完成に伴う下値目安は、1309-55.4=1253.6。
今回の底値は1250ドル程度まで、深押しする可能性もありそうです。

逆にFOMCでの見通しが想定以上にハト派的となった場合には、今回の底値も想定以上に浅めにとどまることにもなります。
一目均衡表の雲の下限1301.9ドル付近で下げ止まって反発し、雲の上限1330ドル台、3月高値1342ドルも上抜けるとダブルボトム完成となり、ネックライン1342ドルまでの値幅約40ドル分さらに上昇する展開も想定可能。この場合の反発基調の到達点は1380ドル。

米国の政局混乱や貿易戦争リスクへの懸念などが強まり、6月利上げの織り込み度合いが低下するような事態となれば、NY金は春にかけて1400ドルトライへと向うポジティブ・シナリオも、わずかながら残されます。

スポンサーリンク


下げ止まるべくして下げ止まったプラチナ、3月は950ドルの攻防(3/11)
レンジ推移続くNY金は3月FOMC後に1400ドル?か1250ドルへ(3/4)
今年のプラチナはこれまでと違う?か、同じか?(2/25)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR