FC2ブログ

レンジ推移続くNY金は3月FOMC後に1400ドル?か1250ドルへ

レンジ推移続くNY金は3月FOMC後に1400ドル?か1250ドルへ
昨年末からの上昇局面で1月末には1365ドルまで水準を切り上げたNY金は、今のところこれが上限となり、1300ドル台前半での乱高下状態を繰り返すレンジ推移が続きます。
2月末にはパウエル新FRB議長の議会証言を経て今年の利上げペース加速観測が台頭して金は急落、しかし3月に入った途端にトランプ大統領の鉄鋼・アルミ関税発言で世界をお騒がせ。急落からの回復基調にあった株価反発の腰を折り、NY金のレンジ割れ回避をサポートする結果となりました。
今後は米国の鉄鋼・アルミ関税導入への動向、これによる世界各国の反応と影響、株式市場への影響、そしてその状況も踏まえた3月FOMCでのインフレ見通しと利上げペース見込みに大きく左右されることになりそうです。
NY金は1300ドル前半のレンジが続くのか、上方ブレイクか、それとも下方ブレイクか。

過去の推移からは、1360ドル超の水準では何度も上値を押さえられ、オシレータ系指標のダイバージェンスから反落を示唆する兆候も見られ、上方ブレイクに向けてはかなり厳しい状況とも言えそうです。
可能性があるとすれば、関税導入決定による影響が拡大するなどして株価が再度急落、リスク回避の流れが強まり、FOMCでの利上げ見通しも現状維持の3回のままで警戒感を示す声明文、会見になるなどのシナリオが必要条件にも。

上方ブレイクの場合、昨年7月安値を起点とするN計算値からは1396.7ドル、2016年12月安値を起点とした場合には1476.4ドル。いずれにしても1400ドルトライの流れへ。

逆の展開で下方ブレイクの場合には、週足・一目均衡表の雲の下限などが集中する1250ドル近辺までは、急落も想定されそうです。
そしてこの場合、2016年末から続いた上昇トレンドもいったん途切れ、2015年末から続くゆるやかな上昇トレンド維持をかけた攻防局面へと移行することとなります。

スポンサーリンク


今年のプラチナはこれまでと違う?か、同じか?(2/25)
株安止まるもドル安止まらず、NY金は高値再更新なら1400ドルも?(2/18)
ダウ暴落で世界同時株安、NY金の調整幅も控えめに?(2/11)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR