FC2ブログ

12月は950ドルの攻防、プラチナは1月に1000ドルか900ドル割れか

12月は950ドルの攻防、プラチナは1月に1000ドルか900ドル割れか
NYプラチナは、2016年1月安値811.4ドルと2016年8月高値1199.5ドルを起点とする三角保ち合いを形成し、この年末から年明けに向けて頂点付近へと収束していきます。
残り1カ月を切った2017年の主要レンジは900ドルから1000ドル。
現在、950ドル付近でほぼ水平状態となってきた52週移動平均線との攻防状態にもあるプラチナは、今年のほぼ平均水準かつレンジ中央付近での保ち合い状態となっています。
この12月は週足・一目均衡表の雲の下限と52週移動平均線とが重なる950ドルの水準が、年をまたいでの三角保ち合い上抜けか下抜けかの分岐点にもなりうる重要な攻防ラインとなりそうです。

950ドルを超えた状態で、過去15年で14勝1敗の実績を誇る1月を迎えた場合、雲の下限と52週移動平均線にも支えられ、揉み合いながらも三角保ち合い上抜けと雲の上限を目指す流れがスタートする可能性も高まります。
三角保ち合い上抜けなら、雲の中程に位置する1000ドルの大台ラインは、十分手が届きそうな水準とも言えそうです。
さらに、2月以降にこの水準に到達した場合には、雲の上限を上抜けて三役好転、上方視界が開けることにもなります。

逆に950ドルを超えられずに年越しとなった場合には、そのまま上値を押さえられた状態が続きやすくなり、すぐにでも2016年1月から続くサポートラインとの攻防を迎えることになります。これを下抜けてしまうと900ドル前後の水準までは下落しやすく、その反面サポートも期待される水準。
さらにこの重要なサポート水準を割り込んでしまった場合には、2016年1月安値水準を目指す流れが加速するような展開も予想されます。

この12月の950ドルラインとの攻防は、2018年序盤のトレンド形成に向けても重要な意味を持つことにもなりそうです。

スポンサーリンク


米利上げフェーズで下値を切り上げる金価格、来年は1300ドル台へ(11/26)
プラチナは10月のダブルボトムから年末に向けて1000ドルトライも(11/19)
保ち合い続くNY金、プライスチャネルでは1310ドルか1260ドルへ(11/12)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR