衆院選で与党圧勝?の余波を受けそうなNY金の調整目安

衆院選で与党圧勝?の余波を受けそうなNY金の調整目安
衆院選の結果が事前予想どおり与党の圧勝?となれば、週明けから株高・円安の流れがさらに進行する可能性が高まり、円安に伴う相対的なドル高の影響により、NY金にも下押し圧力が強まることになりそうです。
9月8日に1362.4ドルまで上昇したNY金はその後、約1カ月の調整局面を形成し、10月第2週の反発は短命で終わった可能性が高まり、調整継続の兆しとなってきました。

調整の目安としては、
週足・一目均衡表の雲の上限、52週移動平均線、2015年12月安値から2016年高値までの38.2%戻しライン、さらには2016年12月安値を起点として今年の上昇基調を支えるサポートラインが集中し、2011年の史上最高値から続く長期抵抗線もこの付近を通過することになる、1250ドル付近。

この水準は、2016年以降何度も揉み合いを形成したり、抵抗水準となったりサポートラインとなってきた水準であり、52週移動平均線がこの近辺で水平状態となってきていること、一目均衡表の雲の形状からも、中長期的には横ばい推移傾向が強まってきていることを示し、その中央付近に位置する平均的水準とも言える水準。

この2年近くの間、1250ドルをはさんでの上下動を繰り返す保ち合い推移となって来ている状態、とも言えます。
11月にかけて調整局面が続くことになれば、今年の上昇トレンド継続をかけた攻防の分岐点が意識され、1250ドル付近までで反発する可能性もかなり高そうにも思われます。しかし、年末にかけてこの水準を大きく割り込むようなことになれば、昨年12月から続いてきた1年弱の上昇トレンドは崩れることになります。

しかし、この2年弱のトレンド継続への可能性は残され、いずれまたこの1250ドル付近に戻ってくる、という展開も十分想定されます。
そうなれば、2-3年スパンでは1250ドルをはんさんでの横ばい推移、のトレンド継続を確認することになり、そのうち再び1300ドル台トライを目指す短期トレンドが形成される場面も訪れることにもなりそうです。

スポンサーリンク


プライスチャネルで見るNY金は1320ドルまでは上昇する?(10/15)
1000ドルか800ドルか?プラチナは中長期分岐点での攻防へ(10/8)
NY金の調整局面は今年の平均的水準に到達、そろそろ反転も(10/1)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
34位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR