ダブルトップ完成のNY金は1130ドル割れも?は杞憂か

ダブルトップ完成のNY金は1130ドル割れも?は杞憂か
1214.3-84.5=1129.8ドル。
これが近い将来、NY金が目指す水準となる可能性が出てきました。
4月高値と6月高値で構成するダブルトップのネックライン、5月安値1214.3ドルを下回って7月第1週を終えたNY金は、ダブルトップの値幅、84.5ドル分が今後予想される追加下落幅の最大水準となり、価格水準では1129.8ドル。
トランプ・ラリーのピークとなった昨年末安値付近が、数カ月後のNY金の安値となる可能性が生じたことになります。

今年の上昇トレンドをサポートしてきたラインを今週、大きく下抜けた形となり、一目均衡表の雲も完全に下抜けて三役逆転。
ただし、昨年末からの上昇幅の半値戻しを達成した状態でもあり、短期的な急落局面からの一服で多少の戻りも予想され、1230ドル程度までの反発はあるかもしれません。しかし、それ以上水準を切り上げることができなければ6月以降の下落トレンド継続へ、という展開が予想されることになります。

この週末ドイツで行われているG20で、温暖化対策ではパリ協定離脱のトランプ米大統領への批判なども聞かれ、貿易に関しては「保護主義と闘う」米国以外の首脳との間で議論は紛糾しているようです。
国外では米国への信頼やイメージダウンが進行し、国内に戻ればロシア疑惑の問題も待ち構え、低迷する支持率回復に奔走することにもなるトラブル・メーカー。

そのトランプ大統領への期待感がピークに達していた時期の水準まで金価格が下落するとの想定は、意外と杞憂に終わるのかもしれません。

スポンサーリンク


利上げ月のNY金安値切り上げパターン継続なら7月は反発へ?(7/2)
プラチナのデッドライン=920ドル、要注意日は独立記念日明け(6/25)
半値戻しの法則ならNY金の調整局面は1210ドル台まで(6/18)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(http://augroovy.blog6.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
検索
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR