トルコのクーデター騒ぎで週末未明に金急騰、も・・・

日本時間16日土曜日早朝の時間帯、トルコで発生したクーデター騒ぎにNY金相場は1320ドル台から1340ドル手前まで急騰して週を終えています。

軍の一部が首謀したと見られるクーデターでトルコ国内を掌握したとの声明を発表し、戒厳令発令と外出禁止を宣言した反乱軍に対し、エルドアン大統領の呼びかけで市民は深夜のイスタンブール市内の公園などに繰り出して抗議デモ。装甲車両が走り回り、戦闘機やヘリが飛び交う主要都市では政府側の警察やデモ隊と軍との衝突で少なくとも90人以上が死亡し、負傷者は1000人超とも伝えられた政変騒ぎは、政府側による鎮圧が進行し、クーデターから「クーデター未遂」へと表現も変化し、沈静化へと向かっている様子です。
トルコのクーデター騒ぎで週末未明に金急騰、も・・・ 2016年7月17日
週末の急騰で2日連続長めの下ヒゲを残して1330ドル割れからの反発圧力の強さも見られた金相場は、リスク回避による金への逃避買いの流れが週明けにも続く、という展開よりは、その巻戻しとなる可能性が高まりそうです。

英国のEU離脱が確定した6月24日からの急騰で7月6日には1377.5ドルまで上昇し、それ以降は調整局面を形成する流れとなっていたNY金相場は、週末の急反発により下げ止まり、かけた状態から、調整局面再開へと向かうことになります。

当面の調整目安としては、

1)1310ドル付近まで
5月末安値から7月6日高値までの38.2%ラインに相当し、5月31日と6月24日安値を結ぶ右肩上がりのサポートラインも月末にかけてこの水準を通過。
今後、米国の年内追加利上げ観測がそれほど強まることがなければ、この近辺までの調整にとどまることも想定されます。

しかし、7月FOMCや経済指標の結果などを受けて利上げ見通しが強まるようなら、

2)1260ドル付近まで
5月末から7月上旬までの61.8%戻しラインに相当し、90日移動平均線も。
長期的な節目水準、2011年の過去最高値から2015年末安値までの38.2%戻しを達成後の調整反落の目安となる23.6%戻し1252.7ドル付近にも相当。

年内の追加利上げは最大でも1回との予想を前提に、年後半にかけての安値としても、この水準あたりまでにとどまるのではないか、と予想。

スポンサーリンク


NY金相場は想定以上の急ピッチで長期的な節目水準に到達(7/10)
プラチナは3年半ぶりの三役好転トライへ(7/3)
ブレグジットショック後の金相場、1300ドル台での足場固めへ(6/26)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
38位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR