1300ドルトライ前の調整フェーズが急速に進み過ぎたNY金

5月2日に1306ドルの高値をつけて約4週間、NY金相場は1206.4ドルまで100ドルもの急落局面を形成することになりました。
1300ドル台にタッチした直後には、本格的に1300ドル台へと水準を切り上げる前に調整局面入りは濃厚と見られた状況から、そのとおり調整局面が進行しましたが、予想以上に急速に、大幅調整となっています。
1300ドルトライ前の調整フェーズが急速に進み過ぎたNY金 2016年5月29日
12月以降の上昇値幅の23.6%戻しラインと一目均衡表の雲の上限、さらに3月末以降の右肩上がりのサポートラインをまとめて突き抜けて、38.2%ラインに到達してしまいました。と同時に転換線は基準線をデッドクロス、遅行線もデッドクロス、ロウソク足は雲の下限までも下抜けて三役逆転。4月までの堅調推移からは文字通り一気に形成逆転で弱気相場入り。

それでも、これまで調整らしい調整局面もなく買われ過ぎ状態が続いた後に、ようやくそれなりの調整フェーズを形成した状態とも言えます。
そして、夏場の追加利上げ観測が高まってきたことにより、ここからさらに下落基調が続くような展開も、可能性としては否定できません。しかし、8日続落の反動や、38.2%ラインというキリの良い水準に到達したこと、昨年12月から右肩上がりに引いたサポートラインなどもあり、いったんは下げ止まる可能性も十分に想定可能です。

ただ、今後FRBのシナリオどおりに米国経済の回復基調が順調であることを確認できるような経済指標結果が続くようなら、市場の7月利上げ織り込みがさらに進行することになり、金相場の下押し圧力はもう少し高まることも考えられます。

7月の米国独立記念日明け、5日から6日にかけては一目均衡表の雲のねじれが発生します。
その頃には、7月利上げをほぼ完全に織り込む状態となる可能性もあります。そうなった場合、昨年12月の初回利上げの時と同様に、FOMC前に安値をつけて反発へと向かう展開となることも想定されます。
50%戻しラインの1175.7ドル前後、あるいは右肩上がりの推移となっている200日移動平均線が通過する1160ドル台がサポートラインとなって切り返すようなシナリオも有効となりそうです。

そう考えると、2度めの1300ドルトライは早くても夏後半から秋にかけて、ということになりそうです。

スポンサーリンク


プラチナは雲の下限で7週間、上限でも7週間なら6月FOMCで上抜けへ(5/22)
4年ぶりに上昇軌道を描き始めたNY金の200日移動平均線(5/15)
NY金は1300ドル台前半へと水準を切り上げる前に調整フェーズへ(5/8)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
38位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR