FC2ブログ

NY金相場のRSIが1桁台まで低下した後に訪れる大転換

NY金相場のRSIが1桁台まで低下した後に訪れる大転換 2016年3月20日
今から4カ月ほど前の昨年12月3日、NY金相場は5年10カ月ぶり安値となる1045.4ドルまで下落しました。その2週間前、11月17日には相場の過熱感を示す指標RSIは「3.1」という異常値とも言える水準まで低下していました。14日間の上下動全ての値動きに対する上昇幅の割合を示すこの指標では、理論的には14日間続落した場合には「0」となりますが、実際にはほぼあり得ないケースであり、少なくともNY金相場では過去7年程度まで遡っても10日続落が最長。
昨年11月17日の場合、当日NY終値が1068.6ドル、15日前の1176.1ドルからは107.5ドルの下落となっていました。この間の上昇日は3日、合計上昇幅はわずかに3.5ドルという、稀に見る一方的な急落状態でした。
その後、速度を弱めながらもさらに水準を切り下げて大底をつけ、反発へと切り返す展開となっていた訳で、RSI「3.1」という数値がセリング・クライマックスを示していたことになります。

そしてRSI「3.1」から約3カ月後の今年2月11日、今度はRSI「94.5」へと急騰しています。この数値は過去7年間の最大値、2014年6月25日の「94.7」に次ぐ高値。
RSI「3.1」から2週間後に流れが反転し、3カ月後には近年最大水準の買われ過ぎとなるまでに、逆方向への流れが急加速したことになります。

NY金相場のRSIが1桁台となったのは、この2015年11月17日とその翌18日の「4.2」以外では、2013年2月22日の「5.5」の3日間のみ。
2013年2月のケースでは、RSI「5.5」となった日のNY終値は1572.8ドル。市場最高値となった2011年夏以降の高値乱高下状態のなかでの安値圏へと急落した場面。
その後は1600ドル台へと反発する場面もあり、再び1700-1800ドル台へと高値トライへと向かう、との予想も聞かれました。

しかし、結果は大きく逆方向へ。
RSI「5.5」から1カ月半後の4月12日と翌営業日16日の2日間で合計203.8ドルもの暴落。RSI「5.5」となった日の1572.8ドルとほぼ同水準の1564.9ドルから1361.1ドルまで大きく水準を切り下げ、長期下落トレンドの最初の加速局面を形成することになりました。

RSIの1桁台という異常値は、その後まもなく訪れる大きな流れの転換、あるいは加速を示すサインとなっていたようです。

スポンサーリンク


1000ドルの壁を突破し切れず、プラチナはいったん調整局面入りか(3/13)
NY金相場のチェックポイント残項目と次なる課題(3/6)
2月の金急騰局面での90日移動平均乖離率は2011年以来の異常値(2/28)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR