FC2ブログ

再び意識されるNY金相場の長期61.8%ライン

歴史的節目水準1200ドル付近の膠着状態から下方向へと動き出した4月末のNY金相場、次に意識される重要な節目水準は1150ドル。
3月につけた終値ベースでの今年安値1148.2ドル付近となる1150ドル近辺が次の重要な節目ライン候補となります。

最近の流れで見ると、1月につけた今年最高値1307.8ドルから3月の最安値1141.6ドルまでの下落幅に対する50%戻し、1224.7ドルラインまで(4月6日高値1224.5ドル)戻して反落基調へと転換しつつあります。
この値幅だけを見ると、最大では1224.5ドルから今年の高低差166.2ドル分だけ下方向へ下落することも想定可能となり、この場合には1058.3ドルが次なる下値想定水準ともなり得ます。
しかし、今のところは1週間前に想定したレンジ下限1180ドルをわずかに下抜けた水準に過ぎません。
この近辺には、日足の一目均衡表の雲の下限や基準線、今年の高低差の23.6%戻しラインなど複数の節目も集中し、ここで下げ止まる可能性ももちろん否定できません。
別の見方をすると、3月最安値1141.6ドルから4月6日高値1224.5ドルまでの上昇幅に対する61.8%戻しライン、1173.3ドルがサポートラインとなって下げ止まっている状態(4月24日安値は1174.1ドル)でもあります。

しかし、月末のFOMCを控え、いずれ訪れる米国の利上げフェーズを想定すると、ここからさらに水準を切り下げる可能性も想定しておくべきでしょう。
最も分かりやすいのは、今年の最安値1141.6ドル。その下は昨年の最安値11月の1130.4ドル。
ただし、この2日間はいずれもややオーバーラン気味の流れでつけた安値。最安値をつけたそれぞれの終値では1148.2ドルと1142.6ドル。
1140ドル台も重要な節目の目安となりそうです。

さらに、長期の月足チャートを確認しておくと、
再び意識されるNY金相場の長期61.8%ライン

リーマンショック後の安値682.5ドルから2011年の過去最高値1923.7ドルまでの上昇幅に対する61.8%戻しライン、1156.6ドル近辺が最近半年間の下値サポート水準となっています。
月足の安値でこのラインをわずかに下抜けたのは3月と12月、11月。
この間、日足ベースの安値で1150ドルの大台を下抜けたのは3月に5回、12月に1回、11月に6回の合計12回。
終値ベースで1150ドルの大台を下回ったのは3月に1回と11月に2回の合計3回のみ。
1150ドルを下回る水準では買い戻しの勢いが非常に強まることを示しています。

さらに遡ると、5年前の長期上昇トレンド途中、2010年1月高値1161ドル、同年3月高値1145ドルといずれも1150ドルが抵抗水準となって反落後、4月に上抜けた直後の5月には安値で1156ドル、6月にも安値1156ドルと1150ドルがサポート水準として機能していました。

5年前には半年間かけて抵抗水準からサポート水準へと切り替わって機能した1150ドルの水準は、現在は足掛け半年、サポート水準として機能している状況です。
短期的にはこの水準に向けて下落基調となり、再び歴史的水準での攻防が始まろうとしています。

もし、あっさりと下抜けるようなことがあれば、1100ドルの大台も下抜けて1050ドル近辺が次の節目水準となり、1150ドルは抵抗水準へと切り替わることも想定可能です。

スポンサーリンク


歴史的節目水準1200ドルで膠着感強まるNY金相場(4/19)
1200ドルはNY金相場の歴史的節目水準(4/12)
これから本格的に始まる?ドル円相場の長期保ち合い(4/5)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR