FC2ブログ

5週続落のNYプラチナ相場が反発に転じる2つのきっかけ

1月には29.3ドル(2.42%)上昇し、2月はその2倍を超える68.7ドル(5.55%)もの下落となっているNYプラチナ相場。
年初から2週続伸となっていた1月15日の終値で金相場を下回ると、その週に高値ピークをつけて反転、翌週から週間ベースで下落に転換、そして5週続落で2月の最終週を迎えます。
プラチナ相場の5週続落は昨年9月の急落局面以来のこと。その時は5週間で1,420ドル台から1,220ドル台まで200ドルもの下落。今回の5週続落では1,269ドルから1,169ドルまでちょうど100ドルの下落。下落幅は半分にとどまっていますが、昨年秋以降の下値サポート帯となっていた1,180ドルから1,200ドル近辺の水準を完全に下抜けたことにより、さらなる下落リスクも一段と高まります。

下落基調が続くプラチナ相場の流れが変わるきっかけとなりそうなポイントを2つのチャートからチェックします。
日足チャートから見たNYプラチナ相場反転のきっかけ

日足チャート上では完全に売り優勢の状況。唯一、流れが変わるきっかけとなりうるポイントは雲のねじれ。
変化日となりやすいその日は2月24日と3月25日に到来。
次週、早速流れが転換するか、もしくは1か月後。

月足チャートから見たNYプラチナ相場反転のきっかけ
月足チャートでは、2011年後半から長期下落トレンド入りしていることになります。
そして、高値を結ぶラインと安値を結ぶラインとで斜行三角形を形成中のように見えます。
現時点での2月安値1,156.5ドルがちょうど右肩下がりのサポートラインにぶつかる水準。

長期下落トレンドは継続途中ながら、既にいったん短期反発フェーズへと流れが変わり始めている可能性もあります。
もしくは、2月中の安値は1,150ドル台を下回らず、3月に入ってやや下値を切り下げて、そこから反発へ、そんなシナリオも想定可能です。

日足チャート上で3月25日が変化日であることに加え、週足チャートでも3月23日からの週に雲のねじれが発生する変化日となります。
大きく流れが変わる可能性が高いタイミングとしては、3月後半が有力候補となりそうです。

なお、反転に失敗した場合には、2008年10月安値732.5ドルからから2011年8月高値1912ドルまでの値幅に対する76.4%戻しライン、1,000ドルの大台付近が次の下値目安となります。

はてさて。




3週続落のNY金相場が反発へと向かう可能性が高い5つの理由(2/15)
上昇トレンド10週間の壁に跳ね返された金相場の次のチャンスは3月(2/8)
底値圏からの脱出を図るプラチナ相場の1カ月と1週間サイクル(2/1)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR