FC2ブログ

レンジ縮小も徐々に下値を切り上げる今年のプラチナ相場

南アフリカでは、5月の総選挙で与党のアフリカ民族会議(ANC)が圧勝し、ズマ大統領2期目の政権が発足。新任の鉱物・資源大臣就任により1月末から続く鉱山ストに進展が見られるかと期待されたものの、今のところ状況は変わらず。スト継続に伴うプラチナ供給不足懸念とスト終結への思惑が交錯する状態が延々と継続中。
3月半ばをピークに上値を切り下げつつある金とは対照的に、プラチナ相場は年初からここまで、ゆっくりと下値を切り上げています。
レンジ縮小も徐々に下値を切り上げる今年のプラチナ相場

週足チャートから見たNYプラチナ相場の現状

週足チャートの一目均衡表では、雲の下限を上抜けて、雲の中での推移が5週め。
現時点では2週続落ながら、基準線の上でゆるやかな上昇傾向の転換線にサポートされる状態。
遅行線もロウソク足を上抜け、2.5役好転という状態。
また、昨年8月27日高値1,558ドルから12月19日安値1,311.7ドルまでの下落幅の61.8%戻しライン、1,463.9ドル付近に位置。

NYプラチナ相場の主要レンジの推移

2011年後半から2013年春頃までは、1,400ドル近辺から1,700ドルまでのレンジで大きく上下動を繰り返す展開。
2013年4月の金の暴落に連れて、1,300ドルまで下値を切り下げ、8月末に1,550ドルまで反発。
2013年12月に再び1,300ドル近辺まで下落した後は、徐々に下値を切り上げつつも、上値は1,500ドル付近が抵抗戦となる状態が継続中。

昨年8月から12月までの値幅で見ると、38.2%ライン1,405.8ドルと76.2%ライン1,499.4ドルとの間に、今年2月以降の値動きがほぼ収まります。
ざっくり見ると、今年の主要レンジは、ほぼ1,400ドルから1,500ドルの間。

NYプラチナ相場の方向感とポイント

2週間前に今年ここまでの主要レンジ上限付近となる1,497.8ドルの高値をつけて長い上ヒゲを残して反落し、2週間後の今週は雲の下限1,417.6ドル目前となる1,421.4ドルの安値を付けて反発。長い下ヒゲを残す状態で今度は反発を示唆するような足型に。この足掛け3週間のほぼ中央には61.8%ライン、1,463.9ドル。
日足レベルで見ればまだ下方向への流れも、週足では上方向への流れが優勢。

南ア鉱山ストでは、大幅賃上げを求める組合側と、少しでもコストを抑えたい会社側の交渉がいずれ決着するとしても、現状1,400ドルとも言われる採算コストが今後上昇するのは不可避の状況。
昨年末から引いた右上がりのサポートラインは今、1,400ドル付近を超えたばかり。当面、このサポートラインが有効に作用する可能性は高く、目先のポイントとしては今週終値を26週前にずらした遅行線。
現在1,453ドルに位置する遅行線が意識するのは雲の下限。この水準は次週の1,508ドルから1,487.1ドル、1,468.6ドルへと下降します。
61.8%ラインの1,463.9ドルを含め、1,460ドル台の攻防が、今後2-3週間の重要な分岐点となりそうです。

はてさて。




トリプルボトムに向かう金相場、数ヶ月後には1,600ドルも?(6/1)
国内金価格、ここ3年間の主要レンジと今後の展望(5/25)
ドル円、斜行三角形を下抜け?た可能性も(5/18)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR