FC2ブログ

堅調推移の金相場に減速感が見られる理由と今後のシナリオ

2014年も既にあと1週間で2ヶ月が経過しようとしています。年初からの寒波襲来とともに株安、ドルの低迷を尻目に堅調推移が続く金相場。
しかしながら、ここにきてその勢いにもやや減速感も見られます。
その理由と、想定される今後のシナリオについて考察します。
NY金相場・日足チャート一目均衡表 2014年2月23日
日足の一目均衡表でここまでの推移を見ると、
昨年10月28日に1,361.8ドルの高値をつけて反落、ちょうど雲の切れ目で反転すると年末まで約2ヶ月間の下落トレンドが継続。
そして年末12月31日安値1,184.4ドルまで177.4ドル下落して反発、1月後半から2月初旬までは雲の中での揉み合いを形成、2月10日にようやく雲の上限1,271.6ドルを突破すると急加速、2月18日高値1,332.4ドルまで148ドル上昇したところでやや一服感、という状況です。
・ロウソク足>転換線>基準線、
・ロウソク足>雲の上限、
・遅行線>ロウソク足、
の三役好転状態を継続し、それぞれの乖離幅を拡大し、強い上昇トレンドを示します。

しかし直近1週間では、わずか5ドルの上昇にとどまり、減速感も見られます。
NY金相場・週足チャート一目均衡表 2014年2月23日
週足の一目均衡表では、
・基準線>転換線、
・雲の下限>ロウソク足、
・ロウソク足>遅行線
と三役逆転状態から抜け切れず、未だ強めの下落トレンド継続中。

それでも年明けからの上昇により、雲の下限から大きく下方乖離していたロウソク足がようやく雲の下限との攻防にさしかかりつつあります。
下落トレンド中の戻り高値の限界点として、反落する可能性も高い水準に達しています。遅行線もロウソク足との攻防で上抜けし切れない状況。
週足チャートでは、典型的な上値抵抗水準に到達していることが、今の減速感に大きく寄与している可能性は高そうです。

雲の下限を上抜けて中に入り込むと揉み合い傾向となり易いところ、上限を抜けると中期的にも上昇トレンド転換へ。
そんな現状で、目先の雲の下限は次週1,359ドル、3月第1週には1,361ドルへ。
この近辺が上値抵抗であり続けるなら、約2ヶ月間の短期上昇トレンドを終えて反落、下落トレンド再開、というシナリオが成り立ちます。
今後2週間で節目の1,360ドル付近を突破できたなら、現在の短期上昇トレンドがしばし継続、という可能性が高まります。

日足チャートの丸印、雲のねじれが3月5日、米雇用統計の週。この結果次第で反落か、上方向への再加速か、再びトレンド転換の節目となりそうです。

はてさて。




雲のねじれで流れが変わりやすいプラチナ、注目は週末(2/16)
反落か、上昇トレンド再開か、レンジ推移が続く金相場(2/9)
2014年1月の新興国通貨安(2/2)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR