FC2ブログ

金相場、短期も長期も三角保ち合い形成中

9月18日のFOMCでQE3の縮小開始先送り決定で大きく乱高下したNY金相場は、ようやく落ち着きを取り戻し、日々の値動きも縮小中。
そのなかでも上昇と下落を繰り返し、三角保ち合いを形成しています。
NY金相場・日足チャート・三角保ち合い
8月28日高値の1,434ドルを頂点とする右肩下がりのレジスタンスラインと、9月18日安値の1,291.5ドルを頂点とする右肩上がりのサポートラインとで形成される三角形の間で、FOMC後の乱高下もちょうど収まり、下値を切り上げ、上値を切り下げつつ三角形の先端付近へと推移しています。
週明け月曜日は9月末。NY時間9月30日、深夜24時を回るのは日本時間10月1日火曜の13時。
その頃の、米国議会での新年度予算の状況次第では、リスク回避傾向が強まる可能性も。

金相場への影響も多分にありそうです。
目先の三角保ち合い上抜けには1,340ドル台前半、下抜けへは1,320ドル近辺が重要なブレイクラインとなりそうです。
重要指標やイベントが続く月初の1週間は、一度ブレイクした方向へと一方的に加速するような流れにはなりにくいかもしれません。
それでも、1週間後には、大きく流れが変わっている可能性は低くはなさそうです。

その延長線上で、少し長めのレンジでも、流れが変わる可能性も浮上します。
月足チャートでも三角保ち合いブレイク間近の状況となっています。
NY金相場・月足チャート・三角保ち合い
2012年10月高値の1,798.1ドルを頂点とする右肩下がりのレジスタンスラインは、来月1,400ドル台前半。
2013今年6月安値の1,179.4ドルを頂点とする右肩上がりのサポートラインは、来月1,300ドル近辺。
現時点では、下限のほうにより近く、上限をブレイクするには、それなりの勢いが必要となりますが・・・。

はてさて。




NY金相場、変動率5%超はトレンド転換のサイン(9/22)
黄金比率で予想するFOMC後の金相場(9/15)
月足チャートで見るプラチナ相場の分岐点(9/8)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR