FC2ブログ

ドル円・窓開けの歴史~開けっ放しの窓たち

ドル円・窓開けの歴史
24時間オープンの為替市場では、NY市場終値と翌日の始値は基本的には同じ価格となりますが、唯一開きが生じる場合があります。
いわゆる、窓を開けてのオープン、ギャップ・オープンが生じるケースは金曜終値から土日の休場を挟んだ月曜朝の市場オープンまでの間。
金曜日のNY市場が終了するのは日本時間土曜の朝6時(冬時間の場合は+1時間)、翌週月曜朝に市場オープンを最初に迎えるのは、極東の日本ではなく、経度はほとんど変わりませんが、シドニーが1時間先に、ウェリントンが3時間早くオープンします。
NY、ロンドン、東京の3大市場に比べて遥かに小さな市場であるシドニー・ウェリントンの月曜朝は、通常ほとんど値動きがないものの、時として、前週末のNY市場の流れを増幅して急騰、急落が発生する場合もあります。
円安基調が続くドル円相場では、ここ最近、月曜の朝の窓開けオープンが目につきます。
最近のケースをいくつか振り返って見ます。
金曜終値と翌週月曜始値の差が、10銭程度のケースはかなりありますが、20銭以上のケースをピックアップしてみると、
直近では、4月8日の週、98円20銭台からのスタート。前週終値97円60銭台から60銭ほど窓を開けて上昇していました。
日銀の緩和策発表直後の円安加速の流れが続いた時期でした。
通常、開けた窓は必ず締められる、と言われるように、ほとんどがその当日か数日以内に開いた値幅を埋めに行きます。
上昇時なら、前週終値から乖離して上昇スタートしても、すぐに前週終値までは一旦下落。
下落時なら、乖離して下落スタートしても、すぐに前週終値まで一度は上昇。
遅くともその週のうちに窓を締めるケースがほとんどですが、この時には、開けっ放し状態が週末まで続き、次の週の月曜日にようやく締めに戻りました。

3月18日の週も60銭以上の窓を開けて下落オープン、94円50銭台。キプロス・ショックの時でした。この時は当日、月曜日早々に締めました。
2月25日の週には1円10銭と大きく窓を開けて上昇オープン、94円50銭台。日銀総裁人事発表を受けた急上昇でした。この時もイタリア・ショックで即日、締めました。
12月31日の週は20銭以上の窓開け下落オープン、85円80銭台。米国の財政の崖問題への懸念が影響しましたが、早々の収束方向が予想され、円安トレンドも進んでいたことで、やはり当日、すぐに締めました。

12月17日の週、80銭以上の窓開け上昇オープンで84円30銭台。日本の総選挙直後、安倍政権発足へと向かう時期でした。
前週終値が83円40銭台。この時開けた窓は未だ締められていません。

もう少し遡ると、
2012年6月18日の週、78円90銭台、20銭上昇して窓開け。欧州債務危機によるリスク回避の円高が続く時期。この時は5週間目となる7月16日にようやく締めました。
2011年の7月25日の週からは3週連続で20銭以上の窓開け、その後も8月22日の週、9月12日の週と窓明けが集中的に発生。
なかでも8月1日の週の終値78円50銭台と9月5日の週の終値77円60銭台は翌週に30-40銭の窓を開けての下落が続き、開けっ放し状態継続。そしてドル円史上最安値となる75円台に突入し、終値ベース最安値75円80銭台を記録した翌営業日、10月31日朝の為替介入によってようやく締められることになります。

さらに遡ると、
20銭以上の窓開け回数は、2011年にはあと5回、2010年には7回、2009年には11回、締めるのに若干の日にちを要した時も数回ありましたが、そのほとんどはその週内に締められました。

2008年はリーマンショック、金融危機の年で全20回。そのなかで開けっ放しが2回。
リーマン破綻直後の9月15日の週末終値107円40銭から週明けは48銭の窓開け、9月29日の週末終値105.20円の翌週には30銭の窓を開けて、それ以降延々と開けっ放し状態での下落が続き、今も締められていません。

窓開けの歴史は、為替市場を大きく突き動かした出来事の歴史でもあります。窓の開き度合いは関係なく、締めるのに要した日数が、事の重大さを表しているようです。
大きな出来事や背景もなく開けてしまった窓は100%締められます。

2008年に開けっ放しにしていた2つの窓は、5年たった今年、ようやく締められようとしています。
昨年12月の総選挙後に開けた83円40銭~84円30銭台の窓も、歴史的な「開けっ放しの窓」となる可能性が高そうです。

はてさて。




下落すべくして下落した金価格(4/21)
NY金、暴落の歴史(4/14)
金価格が下落した国、値上がりした国(4/7)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ 人気ブログランキングへ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR