FC2ブログ

下落すべくして下落した金価格

史上最大の暴落劇となったNY金価格。
米国の量的緩和の早期縮小懸念、株式市場への資金シフト、金ETF残高の減少など、様々な要因が絡み合い、少しづつ始まっていた投資資金の流出が、堰を切ったように加速してしまったようです。
通貨的側面も持つ金は米ドルとの逆相関が度々指摘されます。ドルを売って金を買う、金を売ってドルを買うという流れになるからです。
NY金価格の推移とドル円のチャートからもその関係が見て取れます。
NY金とドル円の逆相関

2009年以降、金価格が上昇を続けるのに対して、ドル円は下落(円高ドル安)が続きます。
ドル安金高の流れ、でもあったと言えます。
この傾向は、それ以前から続く長期トレンドです。

2011年、金は最高値を、ドル円は最安値(円高ドル安)を記録します。
ドル安金高も数年来のピークに達していた、とも言えそうです。

その後ドル円は2012年後半まで安値圏(円高圏)での推移が続き、そこから急上昇、急速な円安ドル高傾向が続きます。
金価格は、長期的に見れば高値圏での推移が続き、さほど下落していなかった、ようにも見ることができます。
ドル高円安傾向が加速してもしばらくは、ドル高金安の流れはあまり進んでいなかった、
その影響で、
ここに来て急速にドル高金安の流れが進んだ。
という見方もできそうです。

この4年余りの間の金価格とドル円の相関係数を見ると、-0.78578。
相関係数は1から-1の間で、1に近いほど正の相関関係、-1に近いほど逆相関の関係を示します。(0に近ければ無関係)

なお、ドル円が2009年の水準にまで上昇してきたからと言って、金価格も、もうすぐ2009年の水準にまで下落するということはないでしょう。
なぜなら、金は通貨的側面に加えて、商品としての貴重な価値があるからです。

はてさて。




NY金、暴落の歴史(4/14)
金価格が下落した国、値上がりした国(4/7)
商品・株・為替・国債の2013年第1四半期の騰落率(3/31)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ 人気ブログランキングへ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR