FC2ブログ

4ヶ月続落後の金相場

ドル高円安の流れが続き、4ヶ月続伸のドル円相場に逆相関の動きとなっている金相場は4ヶ月続落となっています。
しかし、急角度の上昇カーブを描くドル円チャートに対して、NY金価格のそれは、決して急落している訳ではなく、なだらかな下落から、足元ではやや保ち合いの様相となっています。
この様子は週足チャートで見るとよくわかります。
NY金価格・週足チャート

週足では、昨年秋以降、一目均衡表の雲の中での推移が続き、やや下落傾向ながらも、揉み合いの状態となっています。
基準線と転換線はちょうど重なった状態(デッドクロス目前とも)、遅行スパンは価格ラインよりも上、そして90週移動平均線がサポートラインとなっている状態です。
なお、オシレータ系指標では売られ過ぎ圏からやや反発の兆しも見え始めています。

しかし、方向感に乏しい状態で、昨年秋の高値からのレジスタンスラインと、昨年夏からのサポートラインとで形成される三角もちあいとなっています。
ここで注目したいのは、昨年4月から7月頃まで続いた揉み合い相場、1,500ドル台半ばで何度も何度も下値をサポートされ、90週移動平均線にも支えられた後の9月頃、丁度雲のねじれ付近で上昇し、一気に雲の下から上抜けています。

そして今回、そのレンジを100ドルほど切り上げて1,600ドル台後半のラインが何度も下値をサポートする展開となっています。90週移動平均線もサポートしている形も前回と同様です。

2週間後、再び雲のねじれ付近にさしかかります。トレンドの転換、もしくは加速しやすい日柄となるこの時期は、ちょうど三角もちあいの終焉にもさしかかります。

2月12日のオバマ大統領の一般教書演説、14日の日銀・金融政策決定会合のある週辺りで、金相場も上下どちらかへ、大きく動き出す可能性は高いかもしれません。

はてさて。




独自路線を歩み始めた国内金価格(1/27)
ドル円とNY金相場の重要ポイントからみる国内金価格のバブルの行方(1/20)
年足チャートから見る2013年ドル円相場予想(1/13)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ 人気ブログランキングへ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(https://augroovy.blog.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR